HOME » 治療と併用して行いたい民間療法 » 鍼灸・マッサージ

鍼灸・マッサージ

耳鳴りの症状を緩和する方法として、西洋医学の考え方に基づく耳鼻科治療のほか、漢方による治療法についても少し解説してきました。今度は、漢方と同じ東洋医学の見地から、鍼灸やマッサージなどの治療について考えてみたいと思います。

鍼灸治療と耳鳴り

鍼灸治療の基本は、鍼やお灸によって筋肉の緊張やコリをほぐしていくもの。硬くなってしまった筋肉に鍼を刺して和らげることで、筋肉の下の血管も緩みますし、鍼の刺激によって血流が改善します。また、お灸によって筋肉を直接温めることも血流促進に効果が高いとされていますね。

一方、耳鳴りの原因のひとつと言われるのは、自律神経の乱れのほか、肩や首などの筋肉のコリ。それらのコリを改善し、脳や内耳への血液循環を高めれば、耳鳴りも緩和する、というのが鍼灸による耳鳴り治療の考え方です。

また、鍼やお灸による治療は、体が休んでいるときに働く副交感神経を優位にする効果があると言われています。要するに、鍼灸治療によって精神的にも肉体的にもリラックスでき、耳鳴りが気にならなくなる、というわけです。

具体的な治療法としては、まず、全身にある自律神経のツボや全身の血行を促進するツボなどを刺激して、体全体のバランスを整えていきます。さらに、耳の周囲のツボを刺激して耳の血流を改善します。

マッサージと耳鳴り

マッサージによる治療も、鍼灸と同様の考え方に基づいて行われます。自律神経のツボや肩や首の緊張をほぐすツボなどを指で刺激したり、緊張している筋肉そのものを揉みほぐして和らげ、血行を促進します。

特に耳鳴りやめまい、難聴に効果があるとされるのは、耳の下から鎖骨にかけての『胸鎖乳突筋』と言われる筋肉のマッサージ。この部分の筋肉を揉みほぐし、頭部への血流を促進すると、耳鳴りやめまいの症状の緩和が期待できます。また、この筋肉の周辺には、耳のつぼがたくさんあり、マッサージと同時にツボ押しの効果もあるのです。

マッサージ治療の最大の魅力は、鍼灸のように専門の治療院で施術を受けるだけではなく、自宅でも簡単に行うことができること。仕事や家事の合間のちょっとした時間にもできますし、入浴中に体が温まっているときなどに行うとさらに効果的です。

耳鳴りに聞くツボとは

内耳の血行不良やストレス、不眠、疲労などが原因とされる耳鳴りには、ツボ押しマッサージが有効です。耳鳴りに関連するツボをいくつかご紹介しましょう。

治療をはじめる前に
〜耳鳴りの原因をつきとめる

耳鳴りの原因となる
病気とその治療法

治療と併用して行いたい
民間療法

耳鳴りに悩む人に
オススメのサプリメント成分

トップへ