HOME » 治療と併用して行いたい民間療法 » 漢方療法

漢方療法

これまでは、西洋医学の見地から耳鳴りについて解説してきましたが、東洋医学である漢方(中医学)でも耳鳴りについての診断、治療が行われていますので紹介しましょう。

漢方による耳鳴りの治療について

中耳炎などの疾患が原因となっている場合は、外科治療によって病気が治っても、耳鳴りだけは改善されないケースも多いですし、ストレスや疲労などが原因で耳鳴りが起きている場合は、西洋薬の投薬治療では症状が緩和されないことが多いのが現状です。

そこで、漢方の考え方に基づく耳鳴りの治療法についても解説します。

耳鳴りを改善するポイントは腎と肝

漢方では、耳と関係が深いのは腎機能と肝機能であるとされています。

腎の機能とは、泌尿器や体内の水の流れに関連する機能だけではなく、体の成長や発達、生殖機能など、人間の生命活動全般に関する機能を含みます。腎の機能不全による耳鳴りは、耳の老化が主な原因とされますが、強いストレス、極度の疲労なども要因になるそうです。

さらに、耳の周りには肝のエネルギーの通り道が多く集まっているとされていて、肝の機能に関係のある自律神経の乱れなども、耳鳴りの原因となるとされています。

それでは、漢方でよく診断される耳鳴りの3タイプについて解説します。

漢方で診断される耳鳴りの3タイプ

極度のストレスが原因の肝不全タイプ

漢方の考え方によると、自律神経のバランスを保っているのは肝で、ストレスの影響を受けるとそのバランスが崩れ、肝エネルギーの通り道が多い耳にも、耳鳴りとして症状が現れるのだとか。高くて大きな音の耳鳴りを訴える人が多く、精神の不安定や、便秘と下痢を繰り返すなどの症状が出るそう。

このタイプの耳鳴りには、肝の流れを促進する『釣藤散(ちょうとうさん)』や、『抑肝散(よくかんさん)』などの漢方薬が処方されるそうです。

胃腸の働きが悪い水分代謝不全タイプ

暴飲暴食などで胃腸の働きが悪化すると、水分を腸が吸収できなくなり、余分な水が全身に滞るようになります。水分代謝の悪さは聴覚にも影響を与えるとされていて、メニエール病などは内リンパ水腫が原因ですから、このタイプに当てはまりますね。

主な症状は耳鳴りや耳の詰まり感、めまいなど。台風が近づくと耳鳴りが悪化する、という特徴もあります。

このタイプには、めまいや頭痛を和らげる『半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)』や、『竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)』などが処方されます。

虚弱体質でお疲れ気味の腎機能不全タイプ

疲れや睡眠不足、ストレスのほか、加齢などによって腎機能が低下しているタイプです。小さくて低い耳鳴りが特徴で、めまいや手足の火照り、腰痛やひざ痛などの症状がでることもあります。

このタイプには、腎機能を高める薬として『六味丸(ろくみがん)』などが処方されますが、耳鳴りが主症状の場合は、特に柴胡と磁石という成分を加えた『耳鳴丸(じめいがん)』という漢方薬を処方されることもあります。

治療をはじめる前に
〜耳鳴りの原因をつきとめる

耳鳴りの原因となる
病気とその治療法

治療と併用して行いたい
民間療法

耳鳴りに悩む人に
オススメのサプリメント成分

トップへ