HOME » 治療をはじめる前に〜耳鳴りの原因をつきとめる » 聴こえる音で判断する

聴こえる音で判断する

耳鳴りは単純に耳の疾患が原因で起きる場合だけではなく、筋肉のけいれんや頭のケガ、血管系の疾患など、さまざまな原因が考えられます。何が原因で耳鳴りが起きているのかを特定できれば、疾患を治療することができ、耳鳴りも改善するわけですね。

聞こえる耳鳴りの音から治療方法を探る

そこで、原因を特定するのに役立つのが、聞こえる音の種類。キーンという高音や、ボーンという低音など、音を分析することで耳鳴りの原因を特定できる場合があります。

耳鳴りの聞こえ方は人それぞれなので、一概に言い切ることはできないのですが、耳鳴りの症状緩和の手掛かりになるかもしれません。あなたの耳鳴りは、どのような音で聞こえますか?

「キーン」などの高音の耳鳴り

「キーン」や「ピー」のように甲高い金属音として感じる耳鳴りは、自覚的耳鳴りの一種で、聴覚神経や内耳の異常、疾患による場合が多いようです。また、『老人性難聴』などで、高音域の聴力が低下している場合などにも、高い音の耳鳴りが起きることがあります。

高音の耳鳴りの中には、神経の興奮や緊張が原因となることもあり、極度のストレスや緊張が長く続いているときに「キーン」という耳鳴りが起きることがあります。

「ドクン、ドクン」「ザーザー」などの耳鳴り

脈拍に合わせて「ドクン、ドクン」と感じる耳鳴りは、耳の近くを通る血管の雑音が聞こえている他覚的耳鳴りの一種です。『血管性耳鳴り』とも言われ、血管系の疾患などで血流が滞ってしまっている場合に、雑音が聞こえてしまうのです。

聴覚神経は脳と非常に近い場所にありますから、脳血管障害などの場合にも耳鳴りの症状が現れることがあります。血管性耳鳴りの多くは症状が自然に無くなるようですが、まれに長期間にわたることもあり、その場合はMRAなどの頭や首の血管の検査を受けることをオススメします。

「ボーン」「ボーボー」などの低音の耳鳴り

飛行機の離着陸の際や、新幹線に乗っていてトンネルに入った時などに、低温の「ボーン」という音がすることがありませんか?これは、耳の外耳および中耳の部分(鼓膜近く)で、気圧の変化を感じたときによくある耳鳴りです。

鼓膜に穴が開いてしまった時や、耳垢が溜まっている時などにも同様の音を感じることがあります。

「ポコポコ」「トットッ」などの速いテンポの耳鳴り

脈拍よりも速いスピードで「ポコポコ」というような耳鳴りが起こることがあります。これは、耳の周辺の筋肉がけいれんすることで起きるもので、数秒でおさまることがほとんどです。まぶたがピクピクけいれんするのと、同じような状態ですね。

治療をはじめる前に
〜耳鳴りの原因をつきとめる

耳鳴りの原因となる
病気とその治療法

治療と併用して行いたい
民間療法

耳鳴りに悩む人に
オススメのサプリメント成分

トップへ