HOME » 耳鳴りの原因となる病気とその治療法 » メニエール病

メニエール病

『メニエール病』は、30代から50代の方に多いとされる疾患で、ぐるぐるという回転性のめまいや、耳鳴り、難聴などの症状を伴います。

激しいめまいと低音の耳鳴りが特徴のメニエール病

大きな特徴は、眼振が見られるほどの強烈なめまいで、30分から数時間程度続く発作を何度も繰り返します。また、低音の「ブーン」というような耳鳴りが起き、低音域の聴力低下がみられることも特徴です。

初期の段階では、このメニエール病と突発性難聴の区別がつきにくいのですが、突発性難聴の場合は高音域の聴力が落ちるのに対し、メニエール病は低音域の聴力低下を起こすことが多いので、この検査によって病名を特定されることが多いようです。

内リンパ液が溜まって破裂することがめまいの原因

メニエール病の主な原因は、内耳の蝸牛内部の内リンパ液が増えすぎてしまい、水ぶくれ状態(内リンパ水腫という)になってしまうことにあります。この水ぶくれで蝸牛の中を仕切っている膜が圧迫されて破れ、内リンパ液と外リンパ液が混ざりあってしまい、神経を刺激してめまいや難聴が起こるとされているのです。

破れてしまった膜は自然に治り、めまいの発作はおさまりますが、また同じように水ぶくれができてしまって発作が起こる、ということを繰り返すようになります

しかし、めまい発作の原因は分かっているのですが、なぜ内リンパ液が溜まってしまうのか、その根本的な原因は明確になっていません。

メニエール病からくる耳鳴りの治療・緩和法

メニエール病が原因となっている耳鳴りは、どのように治療・緩和したら良いのか、調べてみました。

治療の中心は薬物療法と手術

この病気と診断されたら、まずは発作の症状を和らげる抗めまい剤や吐き気止め、末梢神経障害の改善薬などを処方されるようです。合わせて、内リンパ水腫を治療するため、利尿薬を投与されます。難聴の症状が強い場合には、突発性難聴と同じようにステロイド剤を処方されることもあるようです。

また、投薬のほかに手術による治療が行われることも。主に行われるものとして、めまいの症状を抑えるために内リンパ液の逃げ道を作る“内リンパ嚢解放術”や、鼓膜に穴をあけて抗生物質を注入する“鼓室内薬物注入術”などがあります。

ストレスをやわらげる心理療法で症状が緩和

内リンパ水腫がなぜ起こるのか、その原因はウイルス感染や血行不良、免疫の低下など、さまざま考えられていますが、その有力な要素としてストレスが挙げられています。

患者さんの中には、ストレスやプレッシャーが強い時に発作が起きると感じている方が多いからです。ほかにも、慢性的な疲労や寝不足のとき、季節の変わり目や低気圧が近づいているときなども、発作が起きやすいと考えられています。

また、自律神経の乱れとの関連も指摘されているので、ストレスをためないようにリラックスしながら、生活のリズムを整えることが自律神経の働きを安定させ、めまいや耳鳴りなどの症状の緩和に効果的とされています。

病院やクリニックの中には、心理カウンセラーや心理療法士の指導を受けて、発作の引き金となりやすいストレスや不安感を和らげる“心理療法”を取り入れているところもあるようです。

血管を強くする食事が重要

メニエール病は、内耳の血流障害が原因とも言われていますから、血液をサラサラにし、血管を強くすることを意識して食事を摂ることを心がけましょう。

お肉よりお魚をメインとし、ビタミンやミネラル、食物繊維をしっかり摂取することが大切。末梢神経の障害改善に効果があり、めまいや耳鳴りの薬として投与されることもあるとされるビタミンB群は、牡蠣やレバー、アサリやサンマに多く含まれているそうです。

その耳鳴りがメニエール病だと感じたら

耳鳴りとめまいを繰り返す(同時に起こることも)メニエール病。原因を突き止めることが難しいとされていて、人によって様々な症状が見られます。主な初期症状は次のようなものが挙げられます。

また、メニエール病にはC発症型、V発症型、CV発症型の3つに分けられます。発症型により、その後の症状(聴力変化やめまいの頻度)が変わるそうです。メニエール病の初期症状については「メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド」が参考になります。

治療をはじめる前に
〜耳鳴りの原因をつきとめる

耳鳴りの原因となる
病気とその治療法

治療と併用して行いたい
民間療法

耳鳴りに悩む人に
オススメのサプリメント成分

トップへ