HOME » 耳鳴りの原因となる病気とその治療法 » 自律神経失調症

自律神経失調症

『自律神経失調症』はよく耳にする病名ですが、しっかり理解している方は少ないかもしれませんね。この病気は、消化や排せつ、呼吸など人間の生命活動を司っている自律神経がバランスを崩してしまうことにより、体のあちこちに不調が生じてしまう病気です。

神経のバランスが崩れ耳鳴りなどが現れる自律神経失調症

自律神経には、目が覚めているときに活動する交感神経と、寝ている時などに活動している副交感神経という2種類があって、このふたつのバランスが崩れてしまうのです。

体は休みたいのに交感神経が働いてしまったり、逆に休んでいられない時に副交感神経が働いてしまったり…。そんな神経のバランスの乱れによって、冷や汗や動悸、頭痛や耳鳴りが起こります。

この病気による耳鳴りは、何となく耳に違和感がある、といったところから始まり、頻繁に耳鳴りが起こったり、耳が塞がったような感じ、膜が張るような感じなどが続くこともあるようです。

原因不明の耳鳴りに要注意

耳鳴りを感じて耳鼻科を受診しても、耳には異常はなく耳鳴りの原因が特定できないときに、自律神経失調症と診断されることがあります。

この病気は、“原因は分からないけど、何となく体調が悪い”というのが大きな特徴。めまいや耳鳴りが気になる場合は耳鼻科、肩こりや倦怠感、動悸などの体の症状が大きいのであれば内科を受診し、それぞれ科で器官や臓器に問題がないと診断された場合、自律神経症状を調べるテストを受け、病名が特定されます。

耳鳴りやめまいの症状が主で、比較的軽度の自律神経失調症なら、自律神経調整薬や抗うつ剤などで投薬治療を行ったり、カウンセリングなどを受けて心理療法を行うこともあります。

バランスの良い生活を取り戻すのが治療の第一歩

交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すためには、栄養バランスの良い食事や、規則正しい生活を送る、ストレスをためない、などの日常生活の過ごし方が重要です。

毎日三食を決まった時間に食べることや、夜に十分な睡眠をとることなどは、当たり前のことのようですが、忙しい現代人にはキチンとできていないことでもあります。人間の体に刻み込まれている、本来過ごすべき生活のリズムを大切にすることが、自律神経の均衡を保つ一番のポイントなのです。

さらに、神経の働きを正常に保つビタミンB群を多く含む豚肉やレバー、にんにく、青魚などの食品、ストレス対策にいいとされるビタミンCカルシウムを多く摂取するように心がけましょう。

治療をはじめる前に
〜耳鳴りの原因をつきとめる

耳鳴りの原因となる
病気とその治療法

治療と併用して行いたい
民間療法

耳鳴りに悩む人に
オススメのサプリメント成分

トップへ